歯固め石|お食い初めの豆知識

【お食い初め徹底攻略】歯固め石がない時、どこで入手する?

/a>

 

 

結婚、妊娠、そして出産。新しい命が誕生して家族が増える。これほど素敵で輝かしいことはありません。生まれてきた赤ちゃんには健康で元気に育って欲しいと願うのはどの時代の人も変わりません。

 

そんな昔の人の想いが形になった「お食い初め」をご存じですか?

 

日本古来より続くお食い初めの儀式。赤ちゃんが生まれて初めて耳にする方も多いはず。
今回は、そんな「お食い初め」とお食い初めに欠かすことのできない「歯止め石」について、徹底的に解説します。

 

まず『お食い初め』って?

お食い初めは赤ちゃんのお祝い行事です。生後100〜120日前後に「健康で、一生食べることに困らないように」との願いを込め一汁三菜を食べる真似をする儀式のことをさします。

 

もちろん、この時期の赤ちゃんは固形物を食べることが出来ません。あくまでも食べる真似をするだけです。赤ちゃんにとって一生に一度しかない経験です。思い出に残る素敵なものにしてあげましょう。

 

お食い初めの起源は平安時代までさかのぼります。当時は赤ちゃんが無事に大きく育つことが難しかったことから、乳歯が生えはじめる生後100日前後に生まれたわが子が“一生、食べることに困らないように”と願いを込めて食事をする真似をさせる儀式をしたのが始まりです。

 

生後50日にあたる日に五十日の餅(いかのもちい)と呼ばれる餅を箸を使って子供の口に少し含ませる五十日の祝いとして行われていたことが変化したという説もありますが、今も昔も変わらず、わが子の成長を家族が願っていたことに違いはありません。

 

お食い初めにはさまざまな呼び方があります。

 

■百日祝い(ももかいわい)・・・祝いの行事が生後100日前後に行うことに由来して

 

■真魚初め(まなはじめ)・・・はじめて魚を食べさせることに由来して

 

■「箸揃え(はしぞろえ)」「箸祝い(はしいわい)」「お箸初め(おはしはじめ)」
・・・ 初めて箸を使うことに由来して

 

お食い初めを行うには、さまざまなものを用意する必要があります。

 

用意するもの【1】食事

お食い初めでもっとも大切なものは食事です。「一汁三菜(いちじゅうさんさい)」と呼ばれる決められた食事があります。一汁三菜は赤飯、尾頭付きの魚(鯛)、煮物、お吸い物、香の物です穀物・海のもの・山のもの・飲みもの・塩が赤ちゃんが生きていくうえで必要な食材で、そのすべてを食べさせるという意味があります。

 

そして、その料理の一つ一つに意味があります。

 

【赤飯】
古来より赤は、魔よけの色です。赤飯には赤ちゃんを病気や災いから遠ざけるという意味が込められています。

 

【尾頭付きの魚】
多くは鯛を使用します。鯛は「めでたい(鯛)」という語呂合わせと外見は赤く、身は白い紅白の縁起が良い魚とされています。

 

【煮物】
紅白のにんじんと大根、亀の甲羅に似せた六角形のかぼちゃで長寿を願います。

 

【お吸い物】
お吸い物には蛤を使います。蛤は中身はばらばらながら殻は他のものとは絶対に対にならないことが転じて良き伴侶を得る良縁の縁起物とされています。お吸い物には母乳を「吸う力」が強くなるよう願いが込められています。

 

【香の物】
紅白のなますを使います。めでたいという意味があります。

 

用意するもの【2】食器

お食い初めの食器は漆器を使うのが一般的です。一生に一度の大切な儀式に見合った食器を使います。もっとも注意すべき点は、男の子と女の子で器の色が違う点です。日本には、使う人に合わせて食器の形や色が変わる風習があります。

 

儀式にふさわしい食器を用意し、お食い初めを行えば、より良い儀式がとりおこなえるでしょう。男の子と女の子の食器の違いは以下の通りです。

 

【男の子】
男の子の膳は漆器のすべてが朱塗りです。文様には菖蒲や日輪を選ぶと「昇運」「活発さ」の象徴になります。

 

【女の子】
女の子の膳の漆器は外が黒塗り、内側が朱塗りです。花文様、束ね熨斗(のし)で可愛らしさを演出します。

 

漆器は決して安いものではありません。最近では、お食い初めのあとも使うことを考え、プラスチック製のものやキャラクターが描かれたものでお食い初めをするご家庭も見受けられます。

 

レンタルというのも選択肢の一つにあげられます。購入したはいいけど、高級な漆器だけにお食い初めのあとの使い方に困りそう、という方におすすめです。

 

 

用意するもの【3】祝箸

初めて箸を使うことから「箸揃え」「箸祝い」「お箸初め(おはしぞめ)」とも呼ばれるお食い初め。赤ちゃんの初めてのお食事にぴったりな「祝い箸」を用意しましょう。

 

お食い初めのお箸は「祝い箸」といいます。祝い箸はその名の通りお祝いの際に用いる箸のことです。お食い初めは正月や婚礼と同様にお祝い行事です。したがって、お食い初めには祝い箸を使います。

 

お祝い箸の長さは柳の木で作られた「末広がりの八寸」(約24cm)の両端が細くなるように削った丸箸のことです。
「八」という字が下のほうに向けてしだいに広がっていく末広がりの形をしていることから、八の付く数字は日本では幸運とされています。

 

祝い箸には三つの特徴とそれに基づく意味と名前があります。

 

■両口箸(りょうくちばし)
祝い箸は両端が細く両口箸とも呼ばれ、どちらからでも食べられるようになっています。これは、一方を人が、もう一方を神様が食べるために使うことを意味しています。祝い膳を神様にささげるとともに人がそれを口にし、神様の力の一部やご利益を得るという意味を持ちます。

 

■柳箸(やなぎばし)
祝い箸は柳の木からできていることから柳箸とも呼ばれます。柳は水で清められ神聖なものとされています。加えて、丈夫でしなやかな柳の木で作られた箸が折れにくく、箸が折れることを不吉とする祝いの席で縁起が良いとされ、好まれます。

 

■俵箸(たわらばし)
祝い箸はその中央が膨らんだ形が、米俵や妊娠中の女性の体に見えることから「俵箸」「はらみ箸」とも言われ、五穀豊穣、子孫繁栄の縁起物とされています。

 

用意するもの【1】歯固め石

 

お食い初めでは必ず「歯固め」と呼ばれる儀式を行い、そのときに用いる歯固め石が必要になります。生後100日前後はちょうど赤ちゃんの乳歯が生えはじめる時期です。

 

歯固めの儀式は「歯固めの石」やそれに変わる別のものを使い、赤ちゃんに石のように丈夫な歯が生えることを願います

 

その背景には、今ほど医療が進んでいなかった昔、歯が丈夫なことは「長寿」に繋がるとされていたことにがあげられます。

 

お食い初めに用いる歯固め石はつるんと丸みをおびたもの、角があるものなどを黒、白、赤に色分けをして3つ用意することが正式な方法とされていますが、これにこだわらず白か黒の石を1つ用意していれば、十分儀式を行うことができます。

 

神社で手に入れる

お食い初めに必ず必要になる「歯固め石」は、神聖なものが好まれます。もっともポピュラーな方法は神社で授かる方法です。その方法にも2パターンあります。

 

神社から授かる

お宮参りの際に神社から祝い箸と一緒に歯固め石を授かる方法があります。これは、神社のしきたりによって違います。歯固め石がもらえなかったらといって「変な神社」なわけではありません。授かった歯固め石は儀式のあときれいに洗い授かった神社の境内に戻します。中には「七五三のときにお返しください」という神社もあります。それぞれのしきたりに合わせて返しましょう。

 

神社の境内から拝借する

神社の境内から授かるのも1つの方法です。人があまり踏んでいないきれいな石を選びます。この場合、お借りた歯固め石は歯固めの儀式のあと、必ず元の位置にお返しするのがしきたりです。

 

河原で手に入れる

近くに清流があり、その河原からきれいな小石を見つけて歯固め石にする場合もあります。歯固め石として使う場合、必ずきれいに洗い、煮沸消毒をして使います。神社でお借りした場合と同様にきれいに洗って元の位置に戻しましょう

 

通販で手に入れる

一般的に歯固め石はお借りしたものをお借りした場所にお返しします。しかし、せっかく一生に一度のお食い初めに使った歯固め石を記念に残しておきたいと考える方もいらっしゃいます。乳歯やへその緒と一緒に保管し、赤ちゃんが大きくなったら渡すようです。

 

そのような場合は購入することをおすすめします。ここではその方法を解説します。

 

神社の石を購入する

神社でご祈祷済みの歯固め石を購入することも可能です。

 

キクチコレクション「豊受稲荷本宮」でご祈祷済みの歯固め石
神仏習合の神社「豊受稲荷本宮」でご祈祷し、護摩法要の「御火加持(おひかじ)」に石を当てていただいた石です。
浄化の「水晶」、癒しの「インド翡翠」、伊勢神宮のほとりを流れる五十鈴川の清流で清めてから祈祷した「伊勢ごろた石」の3種類から選べます。

 

千葉厄除け不動尊でご祈祷済みの歯固め石
千葉県にある「千葉厄除け不動尊」にて祈祷した歯固めの石です。千葉厄除け不動は「目黒不動尊」「飛不動尊」と合わせて関東厄除け三不動の1つです。これからの未来を見据え、自分の力で道を切り開いていくという願掛けがされています。

 

熊野神社でお清めした歯固め石
山形県鶴岡市にある「熊野神社」でお清めした歯固めの石です。天然石を加工して作られ、丸みをおびたきれいな形と深い黒の輝きが美しい石です。あつみ温泉に関する逸話の残る歴史のある神社です。

 

白崎八幡宮でご祈祷済みの歯固め石
鎌倉時代から続く岩国鎮座の神社「白崎八幡宮」で祈願した歯固めの石です。
「白崎八幡宮」は、妊娠中にも関わらず出陣し見事勝利をおさめた後、應神天皇を出産したという神功皇后を祀り、安産祈願でも有名な神社です。

 

代用品を使う

歯固め石は、地域によって代用品が使われる場合があります。その代用品の持つ意味はさまざまですが、どれもわが子の健やかな成長を思って使用されます。

 

それぞれ、解説していきます。

 

■ タコ
タコはとても縁起が良いとされている食材です。「多幸」の語呂合わせのように、多くの幸せを願う、「食べるものに、困らない」の頭文字を取って、タコの順序良くびっしりに並んだ吸盤のように、きれいな歯並びになるよう祈願して、などさまざまな縁起を担いでいます。関西〜四国では、石の代わりにタコを使用します。

 

■ 栗・くるみ
こちらは「栗やくるみのように硬い物も強い歯でしっかり噛める、丈夫な歯が育つように」との願いを込めて使われます。石と同じ意味で代用されることがある食材です。

 

■ 梅干し
「梅干のようにしわがたくさんできるまで長生きしてほしい」と願いを込めて、石の代わりに使用し、長寿祈願の願掛けがされます。

 

■ あわび
あわびを代用品として使う地域は岩手県です。
「あわびのように歯ごたえのある硬い物も噛める丈夫な歯が育つように」というものです。
石と同じ意味で使用されます。

 

■紅白もち
紅白もちは日持ちし、縁起が良いとされ、歯固め石の代用品として使用されます。また、もちは吸う力が必要なため「元気にお母さんのお乳を吸えるよう」にとの願いも込められています。

 

■ 碁石
自宅に碁石があるという人は、それを代用品として使用しても良いでしょう。
ただし、使用する際にはきちんと洗って煮沸消毒をしてから使用してください。

 

■パワーストーン
最近では、パワーストーンや誕生石を歯固め石の代用品にする方がいらっしゃいます。パワーストーンにはそれぞれ意味があります。「水晶」なら邪気を払う、「翡翠(ひすい)」は長寿や健康、「ラピスラズリ」は大願成就です。

 

歯固め石の代用品は、たくさんありますがその1つ1つに意味があり、生まれてきてくれた赤ちゃんの幸せを願っています。

 

長野県佐久地区では、祝い膳の直後に清めた石を皿に乗せ、焼いたいわしを添えた膳を作り、子どもに石をしゃぶらせます。そうすると石にも負けない丈夫な歯が生えるといわれるています。そして、その石をその子の一生の御守にすることが習わしです。

 

また、お食い初めの後、子どもをわざと道端に捨てさり、決めておいたご近所や親族などに子供をすぐに拾ってもらう伝統もあり、拾ってくれた人を「拾い親」と言って、時には親子のようにつき合います。

 

生後100日の大事な行事


お食い初めとお食い初めに必要不可欠な歯固め石について解説してきました。

 

お食い初めは人生に一度きりです。正式なやり方で家族の思い出に残る行事にしましょう。お食い初めに使う歯固め石はさまざまな方法で入手できます。ご自身の家族と相談しあいながら、お気に入りの石を見つけてください。

 

大切なことはわが子の生後100日を祝うこと、これから先の未来が素晴らしいものであるようにと願うことです。

 

家族で思い出に残る素敵なお食い初めにしましょう。

 

まとめ

 

  • お食い初めは赤ちゃんの生後100日を祝う行事
  • 用意するものは「食事」「食器」「祝い箸」「歯固め石」
  • 歯固め石は神社から授かるが、それ以外方法がある
  • 歯固め石には地域によって代用品がある